コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

【過去記事】今日もオカンと喧嘩

この記事は2020年8月19日のものです。

 

うちの姉弟って30半ばばかり3人もおるんですな。それでも家事の手伝いレベル程度にしか手伝いしない。

りかさん説明。


オカンが毎日率先してやるから、誰も自分からしようとしない。しかも毎日毎日やから逆に「してくれん日に何でしてくれん?」ってストレスになる。


オカン言うには

「それはお母さんがせんならん事」

(家事はしなければならない事)だそう。


出来ん日にしてくれん思うなんて、

そんなえげつない事思っとったんか、って言われた。


よくオカン言うのは「お母さん死んだあとは、

みんなどうにかやって行く」。


いや

生きとるうちに

教えてくれよ(´・ω・`)


率先して「せんならん事」と言ってしてしまうから

妹は生理用ナプキンも自分で買ってこんし、

弟も母の手作り弁当を持参して仕事に行くんやで。


「みんなお母さん死ぬまでお母さんの子どもやわいね」でいい加減に怒ったりかさんが

「仮にオカン100まで生きるとしたら、りかさん73やで。73まで自立させん気か!」って。


情けなくないか自立してない36歳って◀︎イマココ


んで前にクライシスプランを

オカンにも書いてもらったんやけど、

今の心配事

部屋を片付けたい。

とーちゃん休みの日に手伝ってくれん。


おとんその時、週6勤務やで。

日曜日ぐらい休ましたってや(´・ω・`)


りかに対する心配事

りかは大嶋先生に任せた。


うん、先生よく言うとるけど、外来じゃない日はご家族さん協力してあげてくださいは聞こえてねーのねスタイルね。

入院しても四六時中先生側におらんわよ。


で、「お母さん遊んどるイメージなんやろどうせ」って怒るもんで、

ほんならとーちゃん失業した時に一緒に稼いで生活回してくれた事も、いつも家事やってくれとる事も全部遊んどる事にしておくわ

ってブチ切れてしまいまして。


一応、オカンの苦労は家族の誰より解っとるつもりではおったけど、そんなイメージなら捨ててやる。


入院時に急性扁桃炎もあって、タバコ減らしてくれ言うても減らさんかったし、更にキャンディクラッシュとInstagramで遊びまくっとって(今はパチンコアプリ)、それも減らしてくれ言うたら


「お母さん自由も無いがかいね」

飛んでくるのは決まってこの言葉。


あのね、
子を産んで不自由を感じ嘆くくらいなら


最初から産まないで。