コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

2021/03/28 日記

この前金沢医科大学病院まで走ったと云う記事を書いたが、今日職場で泣いてしまったのと同じ理由だ。

職場にKさんと云うばーちゃんがいる。他にも「うにしいたけ」「こっち見んな」(大嶋先生とつけたコードネーム)が出てくるが、混乱必至だろうけど、書いていこうと思う。

うにしいたけは入社して6年の(経歴だけ)ベテランだが手帳なしの障害者である。口癖は「こうした方が早いやろ」。これに「はい」と返事しないことには先に進まない。

こっち見んなは仕事は雑で反省の「は」の字も頭にない、大雑把な仕事しかしない手帳なしの障害者である。口癖と言うか、いつも独り言を言っている。

そんな2人に対しKさんが怒号を飛ばすのだ。

 

自分で言うのもアレだが、ボクは「失敗したら次はどうしたらいいだろうか」「何を学べるか」「どうしたら認められるだろうか」「周りの動きはこうだから自分はこうした方がいい」だとかを常に考えている。仕事については、お給金を頂く以上は誇りを持ってやっている。

そんな反省・成長なしのうにしいたけやこっち見んなと同じに見て欲しくないってのが正直な所だが、このKさん、同じ感じでボクに怒号を飛ばしてきた。

 

それで死にたいと医科大まで夜爆走し、採血や尿検査してもらい、再度尿路感染症(おそらく腎盂腎炎(※))を発症していた。※その時熱が37.7あったのと尿検査にて細菌が確認された為。細菌の種類はスタフィロコッカス系かは不明。


f:id:saoto_rika:20210328191311j:image

(やはり採血失敗したせいか内出血)

 

だが負けてはられんと髪を切り職場に復帰したものの、Kさんはそんな事露知らず。ちなみに何を言われたのかと言うと、いつもは食器を表から入れるのだが、満タンの時は裏から入れる。裏から入れていたら、「ちょっとー、ちゃんと見んかいね!横にも入れる所あるがいね、ちゃんと見てよ、なにしとるん!!」(怒号)である。これが仕事開始10分の出来事だ。

「横にも入れる所あるから、そっちに置いてね」と言えばいいんでねーかと小一時間問い詰めたい

 

うつ状態が一気に来て、自責に囚われ泣いてしまったのもあるが、このKさんに対して恐らく「言動注意した者はいない」のだと思う。障害者が「次はどうしたら上手く立ち回れるだろうか」と考えているのに、健常者がこれでは障害者が嗤うぞ。

あっきーに言わせれば「健常者風情が立派ですこと」である。

 

Kさんは自分の言動を反省するべきである。確かに褒めても認めても成長しなければ怒鳴るしかないし、逆も言えるのだが、それを障害者から言われるのは情けなくないか。ボクは「言ってしまう障害者」なので、大嶋先生にも遠慮なく意見するし、話し合いもめっちゃする。

「何で先生はそう思ったんですか」、「何で先生はその結論に至ったんですか」なんて日常茶飯事である。

今の病院の院長先生は言っていた。「患者さんを納得させてこそ医者である」と。

 

Kさんが医者ほど立派な志を持っているとは到底思えないが、障害者にこう思われる健常者なんて情けなくないか。まじで。

 

で、左脇腹からお尻や肩までに鈍痛が走るので、明日内科にかかる為にお休みとった。休む理由に他人の言動で傷付いたとか言いたくないし、何よりそれは仕事を休んでいい理由にならない。傷付いてるのなら心じゃなくて体が分かり易い証明をしてくれるだろう。腎盂腎炎も、謎の鈍痛も、全てKさん、及び、うにしいたけ&こっち見んなのせいだとしたら、彼女達はどう責任を取るつもりか。Kさんに至っては、いつも偉そうに物申しておいて、何かあった時の責任は取らないと言うのなら、心の中で盛大に嗤ってやるぞゴルァ。デュクシ!( ∩'ω' )=͟͟͞͞⊃