コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

2021/03/29 日記

脇腹部分を内科で診てもらった。

採血・尿検査共に異常なし(炎症や細菌なし)であった。痛みがあるのでカロナール錠をもらって来た。大概6時間以上間を空ける薬だが、毎食後で湿布と併用可だそうだ。うん、めちゃくちゃ痛いし。笑

大嶋先生も脇腹部分の痛みは気にしていたので、筋肉の疲れだと伝えておいた。まず一安心だそうだ。

 

ところで例のKさん、昨日今日で少しは怒られただろうか。大嶋先生はボクが「白黒ハッキリつけたがる癖」は直さなならんと言っていたが、ボクは「こいつ真っ黒」って分からないと割り切れないのだ。笑

言い方悪いが「救いようのねえおバカちゃん」、ってな訳だ。

大嶋先生曰く、「グラデーションダメなら透明とか目指せんか?」だそうで。でも、バトルフィールド(仕事)に出ない事には成れるか成れないか分からないから、今度またバトルフィールドに出てみます。そこで透明に挑戦してみます」って言ったら「よく言ったな、すげぇな」って褒めてくれた。

 

もうクラウド並の大剣ぶん回して戦うつもりでした。って言ったら「マテリアな 笑」って返してくれたので、「先生『ぜんたいか』の最初のマテリアどこにあるか知ってます?アレ道端に落ちとるんですよ。分かるわけねぇやん」って言ったら「俺分かったで。リメイクもやったわ。面白いで(ドヤァ」と、また脱線会話をして来たりした。

そう、先生は特別扱いしてるんじゃなくて、「りかさんって云う患者」と「大嶋先生」だから生まれる会話なのだ。年頃も似とるし。

 

先生初めて掛けてくれた言葉覚えてます?「人と人やから分かり合えるけん、もっと話そう」って言ってくれたんですよ。って伝えたら「俺そんな事言ったっけ?」って言いながら照れていた。結構キザなセリフ言うとるでよ先生。笑

でも話さんことには何が伝わって何が伝わらないのか分からないから、先生には結構何でも話せる。そこがもう、りかさんにとって普通の医者じゃないんだ。

なんせ、これでまたバトルフィールドに出る勇気は出た。明日行けば休みやし、がんばる。うん。

 

ところで先生、春名風花事件めっちゃ覚えとるんやけど。「もう印象残りまくりやで」って。はるかぜちゃんや牛頸のひと諸共おバカちゃんだと云うのは分かった。今思えば時間の無駄やったな。カチ無視すればよかった。笑