コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

2021/04/16 雑記

医者の言う事を絶対だと思うな、と言われた事がある。確かにお医者さんだって、人間だし、間違った事を言うかもしれない。でも医学に関しては患者はド素人も同然であって、対して向こうは医師国家試験を合格した上に医学博士号を取得しているプロである。

医師国家試験も合格点が運転免許みたいに合格点90点とかなら、まあほとんど間違わんかもしれん、とか思いつつ、確か医師国家試験の合格点は70点だったかだったか80点で合格だと聞いた事がある。

だが証拠(ソース)はない。すまぬm(_ _)m

 

追記 一応こんなのがあった。

医師国家試験 合格基準

第115回医師国家試験の合格基準は、

一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、
(1)〜(3)のすべての合格基準を満たした者を合格とする。
(1)必修問題     160点以上/200点
(2)一般問題及び臨床実地問題    209点以上/300点
(3)禁忌肢問題選択数  3問以下

https://www.macmic.net/info/info04.html より

 

にしても心気症の患者に対して、患者の望んだ病名をそのまま言って患者を納得させるより、「待って、コロナかもしれんから、それ以上喋らんといて!」と医者から言われた身ではあるが、ボクとしてはそっちの方がお医者さんとして合格なんじゃないか、と思う。

 

そもそも医者と云えど、人体に関する神秘は全て解明されている訳でもなくて、医学だって、まだまだ発展途上な上に医師国家試験が仮に合格点が70点だとしたら、そりゃ知らん事のほうが多いだろうと思う。

 

だからこそ心気症なら心気症と言ってくれる、たまには意見を否定してくれる医者のほうが、ボクとしては相性が良い。平松先生も結構な率でボクの主張を否定して来たが、平松先生は解離状態であるアキトの言う事は信じてくれたので、めっちゃ状態が酷くなってからアキトに行ってもらった事がある。それまでは頓服さえ出してもらえない( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

 

大嶋先生は「解離状態のりかさんは極力診ない」と言っている。一見すると解離性障害って解離状態の時のトラウマを除いてやるんじゃね?とか思うけど、大嶋先生のほうが医学のプロだし、明確に「それ間違ってます」と患者側は言えない。(逆に解離状態のトラウマ除くのが普通やろとも言えない)

 

解離性障害については、大嶋先生が言うには特殊な病気で、明確な治療法や特効薬がある訳でも無い、とは聞いた。本人のストレスを除けるだけ除くのが、今のところの大嶋先生の治療方針なのかな?とは考えているけど、そこを深掘りして訊いたことは無い。