コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

日記 家族が認知症になったら

よく障害は捉え方によったら個性だ、とか言う輩がいるが、生きづらい個性要らんと思うりかさんです。

家族が認知症でも、子どもがダウン症でも障害は個性だなんて本人じゃない奴が言っても説得力皆無である。周りも大変なのは分かるけど。

~~~

伯母さんが自動車学校で認知症のテストを受けた。結果は100点であったが、100点の下にA24点、B20点、C7点とか書いてあって(点数は適当に打ちました)、ABC合計したら54点しかないから認知症と思い込んでうつ状態(適応障害っぽいとは大嶋先生言っていたが)になった。

実際はABCに異なる小数を掛けて、合計点で認知症の尺度を測るのだが、伯母さん54点だと信じ込んで落ち込んでいる。普段の伯母さんなら、掛け算説明したら分かるのだが、うつ状態も相まって判断出来ない。

車校から訊いた話なので100点は間違いないのだが、仮に認知症じゃなくてもうつ状態なら運転は危ないので、娘さんが車を売却する方向で話を進めている。

 

8年ほど前にも伯母さんは同じような状態になり、娘さんが泣きながら、裁判所を挟んで本人の要望聞かずに精神科にぶち込んだ。その時は幻聴や幻覚もあったらしい。幾重にもロックされた個室(但し開放病棟)に閉じ込めた。それが名古屋だったので、二度と名古屋には行きたくないと伯母さんは言う。

だが誰が何回説明しても54点だと言い張るので、認知症じゃなくて別の病気だと思った。

~~~

大嶋先生に話したら、なるべく早く連れて来て欲しいと言ってくれた。医者と言えど歳下の男の子に育児ノイローゼの同い年の友達やら知的遅延疑いの両親やら、なんか重そうなうつ状態の伯母やら紹介するのは気が引ける。

前の記事と逆だが、親が障害者の場合、苦労するのは子どもだ。それをどっちの方向からかは知らんが、障害って個性♡だとか言ってるお花畑アタマの花を片っ端からひっこ抜きたくなる。要らんわそんな個性。

 

誰かのツイートで障害持ちの娘さんに向かって「そんな身体に産んでしまってごめんなさい」と謝ったりとか、認知症の親が「役に立たないくらいなら死にたい」とか訴える。それが現実で、どこが個性かはよう分からん。確かに一般的な普通の家庭では経験出来ない事を経験させて貰ってるかもしれないが、障害なんて持ってないに越したことはない。