コトワリのハナ~はてな版~

解離性障害とうつ病を患っている、紗乙りかのブログになります。よろしくお願いします。日記系は下の検索窓で「日記」と入れてみてください((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

日記 泣いて泣いてネコを抱いて

伯母さんの流れが7月最終週の事で、大嶋先生が紹介状を送ったのが8月2日の事で、今やっとその痛みが解りかけている。どうもりかさんは解離もあるせいか、痛みが遅れてやって来る。ブログ読み返しても大嶋先生に未練は無い。結構酷い事言ってねーかヤツは。

でも大嶋先生の事が嫌いで話したくないと言っていたオカンが、「2年半も診てくれたのに簡単に捨てるな。リカ薄情やな」とか言ってくる。そんなに礼が言いたいなら大嶋先生に会ってくればいいやん。

今行っている病院のかなりお偉い人に、やっとで認知出来た「伯母さんの面倒見て辛かった上に、大嶋先生の言葉にも傷付いた」を伝えられた。

別のお偉い人に「”貴女の治る力を信じていた”なんて結果論だけ見られた上に手柄は医者のモンかい、何とかなったやろ、じゃなくて何とかしてるのはいつもこっちなんだ。伯母の件も最短で紹介状書いて欲しいって頼んだのはコレ(りかさん)やし、あれから伯母さんどうなったん?なんて言われても話す気もなくなった。結局家族と同じレベルやん、大嶋先生なんて」って泣きながら言ってきた。

結果どうだ、約1ヶ月も仕事休んどって、うつ状態で毎日泣いて、モノさえ食っときゃなんとかなると思っとるオカンに食欲無い時にも無理やりモノ食わされて、妹や弟に「姉さんは甘えとる、サボっとる」言われて、立ち直る力なんて何処にも無くて、ハフン様が甘えてくれて抱っこしとる時だけ癒されて。

医者が患者に立ち直る力を信じとったよ、なんて言えるなら、患者だってこう言うよ。

 

「治してくれるって信じとったのに」って。